ホーム » カテゴリ » ページ

食事制限によるダイエットでリバウンドしてしまう理由

食事制限をする時には、どのくらいの量を減らして、どの栄養素は摂取するか、きちんと考える必要があります。
確かに、ただ体重を減らすだけなら、食べる量を少なくすればいい話ですが、リバウンドが起きてダイエットがうまくいかないこともあります。
食事制限ダイエットをして、脂質や、糖質を減らすという方法はよく聞きますが、無計画なダイエットはリバウンドするだけです。
ダイエットをした時にリバウンドが起きるのは、栄養の欠乏のせいで代謝が下がりすぎたり、食事制限のストレスで食べ過ぎたりするためです。
食事制限をする際に控えなければならないのが、高カロリーである糖質や脂質が含まれる食べ物です。
食事制限で、まずターゲットとなるものは糖質や脂質ですが、主食やメイン料理に用いることが多いため、糖質や脂質のない食事は味気なく、 食べた気がしないという人もいるようです。

食事の摂取量が少ない期間が続くと、人間の体は食事で得たカロリーを無駄遣いしないように、代謝を落として体脂肪を増やそうとします。
体内に十分に栄養が存在していないときにたっぷり食べると、糖質や脂質は消費されずに、身体に貯め込まれやすい状態になります。

使わずに体内に留まっているカロリーは、体脂肪になって、体内に蓄えられやすい状態につくりかえられます。
急激なダイエットをしようとせず、毎月少しずつ痩せていくために、極端な食事制限はせずにゆるやかなカロリー制限にします。

基礎代謝をアップさせる効果のある筋トレや体脂肪を燃焼させる効果があるウォーキングなどの有酸素運動を生活の中に取り入れるのがおすすめです。
リバウンドが起きないように配慮しながらダイエットをするために、計画的な食事背制限をダイエットプランに組み込みましょう。