ホーム » カテゴリ » ページ

バストの悩み

右と左の大きさが違うことと、上に肉がないので鎖骨が貧相に見えること。
大きさは2カップも異なるので、大きいほうに合わせるが、小さいほうのブラジャーがカパカパしてしまい恥ずかしい…。

豊胸のサプリも飲んだことがあるけれども、大きいほうがどんどん大きくなるだけで、差がつく一方。
小さいサイズはいくらたっても大きくならない。
もはやヒアルロン酸注射しか術は残っていないと諦めている。

また、もともと鎖骨に肉がなく華奢な体型ではあるが、 出産し授乳を2回繰り返していることもあってか、ますます胸の上部がえぐれたような形になっていて悲しい。

就寝時のブラジャーをつけていたこともあるが、肌が弱く、汗をかいてしまうのか あせもがひどくできてしまい、現在は寝ているときのブラはやめてしまった。

形を維持すべく、おっぱいに利きそうな体操やポーズは積極的に取り入れているが効果はどうなのか怪しい。
そもそも、やせ形なので、すぐに効果がでないところが悲しい。

母になり、バストの悩みは減るというか気にしなくなるのかと思っていたが、そんなことはなく むしろそれにかけるお金もなくなり途方に暮れている。

年齢を重ねたバストの悩み

20代までは鳩胸で胸の位置も高く、釣り鐘型だったのに、年齢を増す毎に下がって行き、胸筋の衰えもあるのか胸の先が下を向いているのが非常に気になります。
ブラを着けるときも、背中から寄せて持ち上げて詰め込んでも、胸の先がブラからはみ出るので凄く気持ち悪いです。
出来るなら10代20代の頃の、張りのある胸に戻りたいです。

四つん這いになると、だらんと垂れ下がる胸にうんざりです。
垂れてるので、お風呂上がりや汗をかいたときなど胸の下を拭いても拭いてもなかなか乾かないのも悩みです。
左右に広がっているところも嫌いです。
お金があれば、整形したいぐらいです。
昔は張りはあったけど、横に広がっていたので、そんなに綺麗な形でもなかったけど、今ほど悪くはなかったので、昔に戻れるなら戻りたいです。
Tシャツや薄手のワンピースなどを綺麗に着こなしたい。

年齢的にも若くはないですが、まだまだおしゃれを楽しみたいので綺麗な胸の形に憧れています。
いつまでも綺麗でいたいと思っています。

鳩胸の悩み

胸が小さいうえに鳩胸なので胸との間が広いのに悩んでいます。
自分のサイズにあった下着も真ん中の方に余裕ができてしまうので夏場はムラができてかゆくなったり、冬場は寒いです(笑)

寄せる用など色々試してはいますが、いままで中々良い下着と出会えてないので悲しいです。

胸が小さいことと、この鳩胸は自分の中でコンプレックスでもあって、知人や友人には相談しにくい悩みだし、ましてや一緒に買いに行くことなんて恥ずかしくて言えません。
海外の下着をいくつか見つけたのですが、まあ値段もそう安くはないので中々手が出にくいとこもあります。

日本では盛れる下着が定着してきてるので、私のような小さい胸用の下着が見つけにくくなってきました。
鳩胸なのであってても脇下の部分が黒ずんできたりして肌を見せることも嫌です。

海外で販売されてるような下着を日本でもぜひ制作して販売してもらえるよう願いたいとこですね。
あとは鳩胸が治るようなことはあるのでしょうか?
ストレッチやなにかあればぜひチャレンジして治したいです。

私の太った理由

コーンポタージュで、5キロ短期間で太った経験があります。
冬場の徒歩での通勤で寒いので朝晩に加えて、昼もの三回を1日三缶飲んでいたところ、気づけば5キロ増でした。

缶自体は小さいもので、余りカロリーも少なく感じいましたが、明らかに食べ過ぎなどをしたものが思い付かず、コーンポタージュが原因だと思います。
冬場は、脂肪を蓄えやすい時期だと後から知ったので、3食に加えて、間食もありで思い付く限りは、コーンポタージュスープです。
生クリームなど高いカロリーの食材もしようされていたので、過剰摂取になって太ったのだと思います。
春近くになり、飲まなくなって、少しランニングを始めたらみるみるうちに体重も落ちました。

一缶当たりは260キロカロリーくらいではありますが、1日三缶となると、1日の摂取カロリーの大半を占めていて、 他にも食事、間食などすれば、摂取カロリーは遥かに1日の平均を上回っていたと思います。
マイブームとばかりにハマってしまっていたので、コーンポタージュしか思い当たらず、今は1日1缶以上は飲まない、または毎日は控え、一週間に一回程度にとどめています。

小麦とバターの最強コンビ

学生の時に手作りクッキーが流行り、クラスの女子が毎日、いろいろなクッキーを焼いて持ってきました。
休憩時間はいろんな人が作ったクッキーの試食会が始まりました。

私の家には、オーブンがなく、ケーキもクッキーも作れないのですが、レンジで何とか作れないかなっと思い、試行錯誤で作っていました。
時には時間が長くて中から炎がでたり、ゴッチゴチになったりと、殆どが失敗作でしたが、食べられる物は食べました。

クッキーをほぼ毎日食べるという事になったのですが、毎日言っても1週間。
いろんな味のクッキーやいろんな形のクッキーを作りました。
家族は食べてくれずひたすら作っては食べる。作っては食べるを繰り返していました。

学校は制服だったのですが、特にきつくなったという感覚も無かったんですが、1週間でなんと、7kg増えていました。。

そこから、もうその太る前の体重に戻ったことありません。
小麦粉・砂糖・バターは天敵です。
食べたもの以上に食べなくても体重って落ちないんですね。
そこから、私の平均体重超生活が始まりました。

菓子パンには気を付けて

菓子パンは甘くておいしくて、おなかも満足するので大好きです。
スーパーなどに買い物にいくと、必ずパンのコーナーはチェックします。
ロングセラーのおいしい物も好きですが、新商品が売られていたりすると、食べてみたくてついつい買ってしまいます。

しかし、菓子パンはやはりカロリーが高いです。
甘くておいしいもの、クリームが入っていて濃厚なものなどは特にカロリーも高くなってしまいます。
あとはデニッシュ生地のパンもバターが多く使われているのでカロリーが高いですね。平気で500キロカロリーを超えています。

おいしくて、安くて、いつでも手に入るし食べやすいけど、食べすぎるとすぐに体重にも影響してきやすいです。
菓子パンを控えれば痩せるんだろうけど、好きなので、ついつい食べてしまいます。
菓子パンを毎日食べ続けるとさすがに太ってきますね。体重が気になってきたときは、控えるしかないと思っています。
おいしくて大好きだけど、これを食べすぎるとやはり太ってきてしまうのが事実です。
小さいと2個以上食べてしまうこともあり要注意と言う感じです。

姉妹サイトはこちら

http://mashabate.com/